ほっそりスリムな彼女に学ぶ「食べても大丈夫」な体を作る習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットサプリのミーコが無料

ほっそりスリムな彼女に学ぶ「食べても大丈夫」な体を作る習慣

ほっそりスリムな彼女に学ぶ「食べても大丈夫」な体を作る習慣

食べる量はそんなに変わらないのに、彼女はどうしてあんなにスリムな体型でいられるのだろう?やっぱり、体質の違い!?それともこっそりダイエットしてる?いくら食べても太らない人っていますよね。そんな人は、とくに食事制限などはせず、ある習慣を実行しているだけなのです。

あなたも、その習慣を取り入れるだけで痩せられる体質になるので、参考にしてみてください。

 

■温めたものを積極的に取り入れる

いつも冷たいものを食べたり飲んだりする習慣がありませんか。これでは、内臓を冷やし副交感神経の働きが悪くなり胃腸の活動を低下させてしまいます。便秘や肌荒れを引き起こし、代謝が悪くなることで脂肪を蓄積し痩せにくい体質になってしまうということです。できるだけ季節を問わず、日頃から温かいものを摂取するようにして体を冷えから守りましょう。

 

■薬味で血行促進

ネギ、わさび、生姜、七味唐辛子などの薬味には発汗作用を促し、脂肪燃焼させる働きがあります。体を温め血行も促進します。ビタミンCなどの栄養素も摂取でき美容にも良いですし、疲労回復、食欲増進など健康面でもサポートしてくれるので、どんどん取り入れることをおすすめします。

 

■22時以降の食事はNG

人間の体は、日中に糖質からエネルギーを補給し、夜間に脂肪を燃焼しています。そこで、食事時間としておすすめなのは15時頃までで、22時~夜中の2時頃が太りやすいので、深夜の時間帯の食事は避けた方が良いでしょう。

 

■睡眠時間は6時間以上を目安に

ある研究結果によると、睡眠時間が5時間の人は50%の肥満率アップ、4時間以下の人は70%以上もアップというデータがあります。睡眠不足は食欲を増進させる“グレリン”というホルモンを分泌させてしまうからです。これからの季節、忘年会や色々なイベントで夜更かしになりがちなので、できるだけ睡眠不足にならないように気を付け、6時間以上の睡眠を確保したいものです。

 

ストレスは、ダイエットの妨げとなります。極端な食事制限などはかえってストレスになって太る原因となるのでくれぐれも無理は禁物です。上記でご紹介したように、意識して冷たいものから温かい食べ物を摂るようにしたり、薬味を食事に添えたり、食べる時間を考え、良質な睡眠時間を確保することなどが太ることを防ぎ痩せる体質に変えてくれます。これを習慣にすることで、自信を持って毎日を楽しく過ごせるようになります。日々の習慣、積み重ねがほっそり体型を維持するコツですよ。是非、参考にしてみてくださいね!

 

ダイエットサプリのミーコが無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


ダイエットサプリのミーコが無料250×250

カテゴリー

ダイエットサプリのミーコが無料250×250